MENU

化粧水を塗っても全然浸透しない…

悩み

年齢を重ねるごとにどうしても肌が乾燥しやすくなっていきますよね。


だからこそ若い頃以上に保湿ケアが重要なのですが、なぜか最近化粧水が浸透しないと感じるようになったと感じ始める方はとても多いのです。


加齢による肌質の変化によって保湿成分が弾かれるようになったと勘違いしている方が多いのですが


チェック 皮膚には不要な水分や有害物質が入らないようにするためのバリア機能があるので、そもそも化粧水は肌の内側まで浸透しないもの

ということをご存知ですか?


私も30代中盤から後半にかけて乾燥しやすい肌になってきたので、保湿には毎日時間をかけてパッティングやハンドプレス、コットンパックまでするようになっていました。


でも、いくら化粧品を大量に塗っても保湿成分が肌に入っていかないと感じるようになり、洗顔後は潤いをキープできずにすぐカサカサ&ゴワゴワ肌になってしまってどうしたらいいのかわかりませんでした。


私も同様に勘違いしていたのですが、化粧水が浸透しない原因は、顔に塗るコスメの量が少ないことでも、メイクや皮脂または古い角質が厚みを増して浸透を妨げていることでもありません


もちろん加齢とともに起こりがちな角質肥厚(ターンオーバーの乱れにより角質が厚くなること)の影響も多少はあるのですが、根本的な解決を目指すなら、


大事なポイント 「もともと化粧水は肌に浸透しないもの」ということを理解して、「水分が逃げやすくなった肌を正常な状態に戻すためのスキンケアを実践する」必要がある

のです。


最初から古い角質が原因だと決めつけて角質を除去すれば保湿効果が高まるといった勘違いから、安易に洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使ったり、ピーリングをしたりするのは逆効果になることもあるので注意が必要です。


乾燥肌とはどんな症状なのか、改善するために本当に必要な保湿はどのようなものか、といったことを知らずにただ肌の表面に塗るコスメの量を増やしても浸透するわけがないのです。


適切なスキンケアを実践するためにも、どうして化粧水が浸透しないと感じるのか、その対策としてどんなことをしたらいいのかを紹介していきたいと思います。


どんな化粧品を使ったら良いかをすぐに知りたい方は、「化粧水が浸透しない、入らないと感じ始めた方におすすめのコスメ」を参考にしてみて下さい。



意外と知らない化粧水が肌に浸透しない根本的な原因

原因の解説

化粧水が浸透しないと感じる原因はどこにあるのか、まずはそこをしっかりと理解することが正しい対策の第一歩です。


さきほども触れた通り、コスメに配合されている保湿成分が肌に浸透しないのは、汚れや古い角質が残っていることが理由ではありません。


まずしっかりと認識すべき非常に重要なポイントとして、


重要なポイント2つ
  • 肌にはバリア機能があるためそもそも化粧水は浸透しない
  • 水分が蒸発しやすくなっている肌が問題

という2つの理由をちゃんと理解していないことが問題なのです。


つまり、化粧水は浸透しなくて当たり前で、肌が保湿成分を弾いていると感じるのは肌内部の水分が逃げてしまっているからなのです。


この2つの点の詳細について簡単に説明しますので、適切な対策ができるようにしっかりと整理しておきましょう。


肌の持つバリア機能によって水分は弾かれる

バリア機能

私たちの皮膚の表面(表皮と呼ばれる部分)にはバリア機能というものが備わっていて、外部から侵入しようとする水分や異物をしっかりとシャットアウトして美肌の維持を助けてくれているのです。


もしも皮膚から水分を吸収することができてしまったら、雨に濡れたりお風呂に入っているうちにむくんでしまって大変ですよね。


そのため皮膚の表面にある表皮の中で一番外側にある角質層(または角層)と呼ばれる0.02mmほどの薄い膜が、有害なものだけでなく保湿成分などもブロックして染み込まないようにするので、皮膚のごく表面の部分にしか潤いを与えることができないのです。


稀に揮発性のあるエタノール(アルコールの一種)を配合することで、化粧水が浸透しているような感覚から満足感を与えようとしているコスメもあるのですが、これは肌の内側に入っているという感じはするけど実際には錯覚で蒸発しているだけということも覚えておきましょう。


水分が蒸発しやすい肌になっているため保湿されない

乾燥しやすい肌

多くの方が「化粧水が浸透しない」と感じてしまう根本的な原因は、「化粧水が肌に入っていかないこと」ではなくて「肌の内側にある水分が逃げてしまっていること」にあるのです。


だから保湿効果が高いと言われるヒアルロン酸などの成分も肌の表面を一時的に潤わせるだけで、乾燥肌やゴワゴワ肌の根本的な原因である「水分を保持する能力の低下」を改善するような効果は期待できないのです。


そのため、適当に選んだコスメをベタベタになるほどたっぷり塗っても、肌に馴染まないと感じたりすぐに乾燥したりして潤いを維持できず、メイクをしても粉吹きが目立つような肌になってしまうのです。


勘違いしている方に多い化粧水が浸透していないと感じる理由

勘違い

化粧水が浸透しないことに悩んでいる方の中で、そのように感じる理由や状況を聞いてみると


  • 化粧水が染み込まずに残っているためベタベタする
  • 朝だけなぜか浸透しない

といったことを感じている方が多いようです。


でも前にも説明したように、基本的に肌にはバリア機能があるので化粧水も美容液も浸透しません


だから、ベタベタしたり朝だけしっかりと保湿ができていないと感じるのは、化粧水が浸透しないことが理由ではないのです。


では、どうして上記のように感じてしまうのか、その理由を簡単に説明しましょう。


ベタベタするのは化粧水が浸透しないから?

ベタベタ

化粧水を塗った後になんとなくベタベタするのは、肌に化粧水が入っていかないからだと勘違いしている方が結構多いのですが、そうではありません。


保湿後にベタベタすると感じるのは単純に化粧水のテクスチャ(使用感)があなたに合っていないのです。


化粧水にはサラサラとして使用後サッパリとするタイプや、とろみがあって使用後もしっとり感が残るタイプのものがあります。


使った後にサラッとしていないとベトついて嫌だという方もいれば、しっとり感が残らないと保湿されていないと感じてしまう方もいるため、効果は同じであっても好みに応じて選べるようにいろいろなテクスチャのものが販売されているのです。


稀に美容部員さんなどで「ベタベタするのは浸透していないことが理由だ」と最もらしいことを言って別のサラッとした使用感のコスメを勧めてくる方もいるようですが、浸透しているかどうかと使用感は関係ないのでテクスチャと保湿の効果は別ものだと覚えておきましょう。


朝だけなぜか化粧水が浸透しない

なぜ

夜はしっかりうるおいを感じることができるのに、朝の洗顔後に保湿をしてもなぜか浸透しないと感じるという経験はありませんか?


皮脂などの汚れが落ちていないことが化粧水の浸透を妨げていると思っている方もいるようですが、これは洗いすぎが原因になっている可能性が高いです。


夜とは違って朝はそれほど皮脂の分泌も多くありませんし、冬場などはむしろ寝ている間に肌が乾燥していることも多いのです。


それなのに、朝も夜と同じように洗顔料を使ってしまうと、肌質によってはひどくつっぱるほど乾燥を促進させてしまうため、保湿をしてもうるおいが不足して浸透していないと感じてしまうのです。


そのため、朝だけ化粧水が肌に入っていかないと感じている方は、朝の洗顔料の使用をやめることや、後述するようにうるおいを保持するために必要な油分を補給することが大切です。


保湿成分が浸透しないと感じる肌に必要な対策

対策

肌がすぐに乾燥してしまったり保湿成分が染み込まないと感じるのは肌内部の水分を保持できなくなったことが原因なので、肌の表面ばかりに潤いを与えるような保湿をしてもあまり意味がないということは理解していただけたかと思います。


では、肌が潤いを逃がさないようになるためにはどのような対策をしたらいいのでしょうか?


その答えは、


対策のポイント 「セラミド」を供給してあげること

なんです。


適切な対策を実践するためにも


  • セラミドの役割
  • セラミドの供給が必要な理由

をしっかりと理解しておきましょう。


セラミドの役割

セラミド

化粧水が浸透しないと感じる原因についての説明の中で、肌の表面には0.02mmほどの角質層というバリア機能を果たす薄膜があることは説明しましたが、実はこの角質層が肌の水分を保持する役割もしてくれているのです。


角質層は、角質細胞と呼ばれるものをレンガのように規則正しく並べた構造をしているのですが、どうしても細胞同士に隙間ができてしまいます。


この角質細胞の隙間を埋めてくれるのが細胞間脂質とも呼ばれるセラミドの役割なのです。
(角質細胞とセラミドの関係は、レンガとその隙間を埋めているセメントの関係をイメージするとわかりやすいでしょう)


セラミドは脂質(油分)なので水分を弾くため、細胞の隙間に存在することで内側から水分が漏れるのを防いでくれるのです。


さらにセラミドは、セラミド-水-セラミド-水といったようにと交互に重なる(ラメラ構造と言います)ことで油分で水分を挟むことで肌の潤いを維持する働きもしてくれるため、健康で綺麗な肌には欠かせないものなのです。


セラミドの供給が必要な理由

対策の説明

ここまで説明したように、セラミドは潤いのある肌を維持する上で不可欠なものなのですが、様々な理由で減少してしまいます。


例えば、ゴシゴシと力を入れて肌に負担をかけるような間違った洗顔方法や過剰なメイク落としをすることによって、摩擦による刺激や過剰な洗浄作用によって皮脂などと一緒にセラミドも流出してしまいます。


また、老化や睡眠不足などによってターンオーバー(≒肌の新陳代謝)が遅れると、古くなってセラミドが少なくなった角質が残り続けてしまうのです。


セラミドが減少してしまうと細胞間に隙間ができて水分が逃げやすくなるため乾燥を促進させ、化粧水を塗っても全然浸透しないと感じてしまうようになるのです。


セラミド不足


さらに、細胞間に隙間できると肌のバリア機能も低下してしまうために敏感肌と呼ばれる肌質になり、肌荒れなどの炎症や今まで使っていたコスメが突然ヒリヒリとしみるようになるといったトラブルを起こしやすくなってしまうのです。


だから化粧水が浸透しないと感じ始めたら、ただ大量に化粧水や美容液を塗るような無駄な努力をするのではなく、肌の内側の水分を逃がさないような素肌力を取り戻すためにセラミドを補うことのできるコスメを使用して、潤いを保持できる肌になるようサポートしてあげることが大切なのです。


化粧水が浸透しない、入らないと感じ始めた方におすすめのコスメ

 
ライースリペア
ライースリペアの特徴

ライースリペアの最大の特徴は、従来の化粧品のようにセラミドを補うのではなく、肌がセラミドを生み出す力を補うことに着目している点です。

肌の水分保持機能を改善する日本で唯一の成分であり、医薬部外品にも認定されているライスパワーNo.11を配合しているため、化粧水が浸透しないと感じる方や乾燥肌に悩む方にぴったり。

160年以上の歴史を持つ酒造メーカーの技術を活かして国産のお米100%から開発されたライスパワーエキスを配合した化粧水・美容液・クリームのトライアルセットを10日間じっくりと試してみてください。

価格 1,750円+税
評価 評価5
備考 送料無料
ポイント
  • セラミドを補うのではなく生み出す点に着目
  • 肌の水分保持機能を改善する日本唯一の成分を配合
  • 化粧水・美容液・クリームの3点(5,000円相当)が1,750円
 
 
リ・ダーマラボ
リ・ダーマラボの特徴

リ・ダーマラボのモイストゲルは医学博士である現役の美容皮膚科医が監修した人気のセラミド配合オールインワンンゲルです。

人の皮膚に含まれる成分に近いヒト型セラミドやターンオーバーをサポートするEGF・FGFを配合し、うるお保持やバリア機能改善だけでなく年齢肌もしっかりケア。

初回限定で通常価格の半額で、さらに14日間の返金保証付きなので初めて使う方も安心です。

価格 2,469円(税込)
評価 評価4.5
備考 送料無料
ポイント
  • 美容皮膚科医が監修したオールインワンゲル
  • ヒト型セラミドやEGF・FGFを配合し、肌の水分保持機能やバリア機能、年齢肌までサポート
  • 通常4,938円のところ初回の方は半額の2,469円(税・送料込)+2週間の前がんく返金保証付き
 
 
シュセラ モイストゲル

シュセラモイストゲル

シュセラ モイストゲルの特徴

シュセラモイストゲルはリ・ダーマラボと同様にセラミドの中でも人の肌に含まれる成分に近く、保湿力の高いヒト型セラミドを配合したオールインワンゲルです。

これ1つで化粧水、美容液、乳液、クリームの役割を担うオールインワンタイプなので忙しい女性にもぴったり

定期購入なら回数の縛りもなく初回53%OFFの1,990円(税込)なので、時間は取れないけどしっかりケアしたい方はまず1ヵ月間を効果を実感してみてください。

価格 1,990円
評価 評価4
備考 送料無料
ポイント
  • 保湿力の高いヒト型セラミドを配合
  • 洗顔後はこれ1つでOKのオールインワンタイプ
  • 通常4,290円のところ初回1,990円