化粧水を塗っても全然浸透しない…

悩み

年齢とともにお肌の悩みも増えていくため、しっかりとスキンケアをする必要があるのですが、なぜか最近化粧水が浸透しないと感じるようになっていませんか?


私も乾燥しやすい肌になってきたからこそ化粧水をたっぷりと使って保湿をしたいのに、いくらたくさん化粧水を塗っても保湿成分が肌に入っていかないため、すぐに乾燥してしまうし、お肌もゴワゴワのままでどうしたらいいのかわかりませんでした。


自分なりに原因を調べていろいろなスキンケアを試してみましたが、改善することはありませんでした。


多くの方が勘違いしているのですが、化粧水が浸透しない原因はメイクや皮脂汚れが残っていることや角質が厚くなってしまっていることではありません。


もちろん角質が厚くなってしまうことによる影響も多少はあるのですが、根本的な原因は乾燥肌や保湿について正しく理解をしていないからなのです。


そのため、乾燥肌とはどんな症状なのか、改善するために必要な保湿とはどのようなことなのかを知らずに、ただ化粧水をたくさん塗っても浸透するわけがないのです。


そこで、どうして化粧水が浸透しないと感じるのか、その対策としてどんなことをしたらいいのかを紹介していきたいと思います。


化粧水が浸透しないのはなぜ?根本的な原因

医師

化粧水が浸透しないと感じる原因はどこにあるのか、まずはそれをしっかりと理解することが正しい対策の第一歩です。


さきほども触れた通り、多くの方が汚れや古い角質が化粧水を弾いてしまっていると考えているようですが、そうではありません。


まずしっかりと認識しなければいけないのは、


そもそも化粧水は肌の中まで浸透せずに弾かれてしまうもの

だということです。


つまり、化粧水は浸透しなくて当たり前なのです。


私たちの肌にはバリア機能というものが備わっていて、外部から侵入しようとする水分や異物をしっかりとシャットアウトしてくれているのです。


もしも皮膚から水分を吸収することができてしまったら、雨に濡れたりお風呂に入っているうちにむくんでしまって大変ですよね。


角質層

そうならないように皮膚の表面から0.02mmほどの角質層と呼ばれるとても薄い膜で化粧水もシャットアウトしてしまうので、浸透したとしてもごく表面の部分しか保湿することができないのです。


だから、多くの方が「化粧水が浸透しない」と感じてしまうのは、化粧水自体が入っていかないことが原因なのではなくて、お肌の内側にある水分が逃げてしまっていることが原因なのです。


一般的な保湿化粧水というのは、肌の外側のたった0.02mmの部分を一時的に潤わせたりするだけで、乾燥肌やゴワつきの根本的な原因である水分を閉じ込めておく力を改善するような効果はないのです。


そのため、化粧水を塗っても全然しっとりとしない、すぐに乾燥してしまう場合はただ化粧水をたくさん塗っても解決にならないのです。


化粧水が浸透しないと感じる時に必要な対策

保湿

肌がすぐに乾燥してしまう、潤いを保つことができない、といった悩みの原因は水分を保持できないことなので、肌の表面だけ潤いを与えるような保湿をしてもあまり意味がないということは理解していただけたかと思います。


では、肌が水分を逃がさないようになるためにはどのような対策をしたらいいのでしょうか?


その答えは、


「セラミド」を供給してあげること

なんです。


先ほど肌の表面には0.02mmほどの角質層というバリア機能を果たす薄膜があることは説明しましたが、実はこの角質層が水分を保持する役割もしてくれているのです。


角質層の構造はレンガで作った壁のようなもので、皮膚の細胞が規則正しく並んでいるのですが、どうしても細胞間に隙間ができてしまいます。


この皮膚細胞同士の隙間を埋めているのがセラミドの役割なのです。


セラミド

セラミドは油分であるため水分を弾くため、細胞の隙間に存在することで、内側から水分が漏れてしまうのを防いでくれるのです。


さらにセラミドは、セラミド-水-セラミド-水といったように水と交互に重なる(ラメラ構造と言います)ことによって水分を保持して肌の潤いを保つ働きもしてくれるのです。


そのため、加齢などによって皮膚が老化してセラミドが不足してくると、細胞間の隙間を埋めきれなくなるため肌内部の水分が逃げやすくなり、結果としてお肌が乾燥しやすくなったり、化粧水を塗っても全然浸透しないと感じてしまうのです。


よって、化粧水が浸透しないと感じ始めたら、ただ化粧水をたっぷりと塗るのではなく、肌の表面で水分を逃げないように働いてくれるセラミドを補ってあげることが大切なのです。