MENU

ゴワゴワになった肌を改善したい

悩み

30代頃から若い頃の肌とは違ってきて、徐々にゴワゴワした肌になってきたり、ザラつきや肌荒れなどが気になって、見た目も質感も年齢を感じるようになってますよね。


10代の頃はもっちりとして柔らかく透明感のある肌だったのに、大人になるにしたがって何となく肌が硬くなってゴワゴワした感じになったと感じることはありませんか?


ゴワついた肌は見た目や質感が悪いだけでなく、そのままにしておくと、くすみや毛穴の黒ずみ、角栓といった肌トラブルを増やしてしまう可能性があるのです。


でも、乾燥肌であればが水分が足りないというのは分かると思いますが、肌がゴワゴワして硬くなってしまった場合にはどうしたらいいのかわからないという方も多いと思います。


そこで、適切なケアをしてきれいなもっちり肌を取り戻すためにも、ゴワゴワ肌の原因、対策としてのスキンケア方法、おすすめの化粧水や美容液について解説していきたいと思います。



ゴワゴワ肌になってしまう原因

原因

健康的でもっとりとした肌を取り戻すためにも、そもそもどうして肌がゴワゴワとした感じになってしまうのかという原因の部分を知ることが大切です。


まず、主な原因として考えられるのは


  • 水分を失って弾力が無くなっている
  • 角質が厚くなってしまっている

という2点です。それぞれがどんな状態なのかをもう少し詳しく説明しましょう。


水分を失って弾力が無くなっている

乾燥

これは簡単に言うと乾燥肌ですね。


何となくイメージできると思うのですが、健康な肌は水分を多く含んでいるため、肌にみずみずしさや弾力がありますね。


でも、乾燥していくとガサガサとして弾力もなくなり、肌の表面の皮が剥けてキメが荒くなったりザラつきを感じたりするようになるのです。


水分が不足していることが原因でゴワゴワとしている場合は、皮がむけたり粉吹きしやすい肌質になることに加えて、かゆみなども感じやすいのが特徴です。


この場合は基本的には乾燥肌対策と同じと考えればいいでしょう。


 関連記事:顔がカサカサしてかゆい!乾燥肌がひどくて治らない原因と必要な対策


ターンオーバーの乱れによって角質が厚くなっている

ターンオーバー

2つ目の原因は、肌の表面にある角質層が厚みを増すことによって、皮膚が硬くなってゴワゴワとした質感になってしまうというものです。


皮膚が硬くて厚くなっている極端な例として「かかと」を想像するとわかりやすいのですが、何かしらの理由によって肌が生まれ変わるサイクルであるターンオーバーが乱れて顔の皮膚が厚みが増して硬くなった状態(≒角質肥厚[かくしつひこう])です。


ターンオーバーというのは肌が生まれ変わるサイクルのことで、私たちの肌はターンオーバーによって古くなったものが剥がれて新しいものと入れ替わるということを繰り返しています。


このターンオーバーが行われるのは角質層を含む肌のごく表面だけなのですが、角質層が常に新しく入れ替わることで水分を逃がさないようにしたり、バリアとしての機能を保つことができるのです。


通常、ターンオーバーは20代でおおよそ1ヵ月程度で終わるのですが、不規則な生活習慣や加齢などによって新陳代謝が低下してターンオーバーのサイクルが乱れると、古くなった角質が残って角質層が厚みを持つようになってしまいます。


そうすると、皮膚の表面に水分を失った古い皮膚が残り続けるため、ゴワゴワするだけでなくカサカサしたりザラザラとした質感になってしまうのです。


ゴワゴワ肌を放置すると様々な肌トラブルを引き起こす

注意

ゴワゴワ肌に悩んでいる方の中には、「何となく透明感のない肌であることがイヤ」といった見た目の部分が気になっている方がほとんどだと思います。


でも、実際にはゴワゴワした肌を放置していると多くの肌トラブルの引き金になってしまう可能性があるのです。


では、具体的にどのような肌トラブルを引き起こしてしまうかというと


  • くすみ・シミ
  • 毛穴の黒ずみ・角栓
  • ニキビ

といったものです。


どうしてこのような肌トラブルにつながってしまうのか、概要だけでも知っておいて下さい。


くすみ・シミ

シミ

ゴワゴワ肌になってしまうのは古い角質が排出されずに残って、角質層の厚みが増すことが原因の1つだと説明しました。


肌の表面にある角質が厚くなると肌の内部の色が透けて見えずにぼやけるため、どうしてもくすんで見えてしまうのです。


さらに古い角質がうまく排出されないということは、日焼けなどによってできたメラニン色素なども残り続けてしまいます。


正常な肌であれば皮がむけて新たな皮膚がでくるはずなのに、ターンオーバーが遅れてゴワついた肌だとシミのように残り続けてしまうことが多くなるのです。


毛穴の黒ずみ・角栓

毛穴の黒ずみ

肌が汚く見える代表的な悩みとして、毛穴の黒ずみや角栓がありますが、ゴワゴワ肌の方はこれらの毛穴にかかわるトラブルも引き起こしやすい傾向があります。


先ほども説明したように古くなった角質が厚くなっているので、正常な皮膚に比べて毛穴の周囲の角質が厚くなっているため、毛穴が狭くなり詰まりやすい状態になってしまっているのです。


そのため、皮脂や角質が毛穴に詰まってフタをして、黒ずみや角栓が目立ちやすくなってしまうのです。


ニキビ

ニキビ

ゴワゴワ肌だと毛穴が詰まりやすくなると言いましたが、毛穴が詰まった状態が続くとニキビやそれに伴う肌荒れや炎症などに発展してしまうことがあります。


ニキビというと思春期特有の過剰な皮脂分泌が原因と思っている方も多いのですが、大人ニキビと言われる成人してから発症するニキビの多くは古い角質が毛穴を詰まらせてしまうことが原因なのです。


このようにゴワゴワ肌は見た目が良くないだけでなく、色々な肌トラブルの前兆とも考えられるので、できるだけ早く対策をした方がいいのです。


ゴワゴワ肌対策におすすめの洗顔料や化粧水

対策

ゴワゴワした肌になってしまうのは「乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」という2点が主な原因であることが分かっているので、対策としては


  • 肌に潤いを与えること
  • ターンオーバーの改善

が必要になってきますね。


乾燥を改善して肌に潤いを与える方法については、別記事の「顔のカサカサを改善するために必要な対策」と同じなので、ここではターンオーバーを改善するために必要な対策を紹介していきましょう。


ターンオーバーは睡眠やストレスといった生活習慣の影響を受けやすいので規則正しい生活をすることが大切なのですが、仕事や家庭のことで忙しい現代の女性に「規則正しい生活が美の秘訣」なんていったところであまり意味がありません。


そのため規則正しい生活習慣は可能な範囲で実施するとして、それ以外で大事なポイントとしては


  1. 洗顔などによる刺激を軽減すること
  2. 肌のバリア機能の改善が期待できる化粧水や美容液を使うこと

という2つです。


洗顔の刺激を軽減する

洗顔

ターンオーバーを乱れさせて角質を厚くしてしまう原因の1つに、皮膚への過剰な刺激というものがあります。


それほど強い刺激で無くても、洗顔をするときなどに無意識のうちにゴシゴシと擦っていたりして、それを毎日継続していると、皮膚は刺激を和らげるためにターンオーバーを遅らせて角質を厚くしようとするのです。


そうすると古い角質が残り続けるため、ゴワつきやくすみ、さらには角栓やニキビといった肌トラブルにまで発展してしまうのです。


だから、洗顔をするときにはできる限り刺激を与えないように注意をすることが大切で、そのためには「泡で洗う」ということがポイントです。


豊富な泡

洗顔の正しいやり方は、擦るのではなく泡を肌に馴染ませるようにマッサージすることで皮脂などの汚れを分解して落とすことが基本なので、手と顔の皮膚が直接触れないようにできるだけたくさんの弾力のある泡を作って、泡をクッション代わりにして洗うようにしてください。


そうすることで刺激を抑えて余計なダメージを減らすことができ、ターンオーバーの乱れを改善する効果も期待することができるのです。


このような刺激の少ない洗顔方法を実践するためには、洗い方や泡立て方も大事なのですが、やっぱり「弾力のある泡をたくさん作れる洗顔料を選ぶ」ことが大切です。


いくら泡立てネットを使ってたくさん泡立てても、キッチン用の洗剤のような弾力の無い泡ではすぐに潰れてしまってクッションの役割を果たしてくれないので、泡立ちが良いだけでなく弾力のある泡を作れる洗顔料を選ぶようにしましょう。


累計2,400万個売れた人気の洗顔料を試す


ゴワゴワ肌の改善にピーリング石鹸の使用を考えている方もいるかもしれませんが、乾燥が原因だったり肌荒れや敏感肌がある場合には逆に負担になって症状を悪化させてしまう可能性があるので、まずは刺激を避けるためのスキンケアを心がけるようにしてみて下さい。


肌のバリア機能の改善が期待できる化粧水や美容液を使う

化粧水

ターンオーバーを改善するために刺激を少なくすることは大切なのですが、そもそも肌のバリア機能が低下している場合は、小さな刺激でもターンオーバーに悪影響を与えてしまう可能性があるため肌を守る力を取り戻す必要があります。


肌は外部からの刺激や異物の侵入を角質層が守ってくれているのですが、角質層がバリアとしてしっかりと働くためにはセラミドという成分が不可欠です。


セラミドは角質細胞の隙間をしっかりと埋めることで外側からのダメージを防ぎつつ、内側の水分が蒸発しないようサポートする役割もしているのです。


そのため、潤いがあって肌トラブルを起こしにくい強い肌を維持するめにも、スキンケアで不足しがちなセラミドをしっかりと補給してあげることが必要なのです。


人気のセラミド化粧品をお得に試す


セラミド働きをもっと詳しく知りたい方はこちら ⇒ 保湿成分が浸透しないと感じる肌に必要な対策


ゴワゴワ肌を改善するためにも、日々行っている洗顔料や化粧水をもう一度見直して、今のあなたの肌に必要なことをしっかりと実践できているか確認してみて下さい。


保湿をしてもうるおいを感じないという方へ
化粧水が浸透しないのはなぜ?原因を知って正しい対策をしよう