MENU

顔がカサカサしてかゆいのが治らない

カサカサ

毎日しっかりと化粧水を使って保湿をしているのに、すぐに顔がカサカサしてしまうという方は多いのではないでしょうか?


ひどくなるとかゆいし、皮がむけたり赤くなってしまったりして本当に大変。


それなのにいくら保湿をしても全然治らないとなると、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。


そこで、少しでも早く健康できれいな肌を取り戻すためにも、原因や必要な対策、気を付けたいことなどを紹介していきましょう。



顔が乾燥してカサカサになってしまう原因

原因

顔がカサカサしているのを改善したいなら、まずはどうしてそうなってしまうのか?という原因をしっかりと理解する必要があります。


カサカサの原因は誰もが知っている通り肌が乾燥してしまった状態ですが、どうしてお肌が乾燥してしまうのか知っていますか?


多くの方が「保湿が足りないから」と考えて化粧水をたっぷり塗ったりするのですが、保湿が足りないことは根本的な原因ではありません。


では、原因は何か?というと


肌の内部の水分をとどめておくことができないこと

が原因なのです。


肌

肌の水分をとどめておくことができなくなる理由は、水分を蒸発させないようにする役割を持つ角質層の機能が低下してしまうからです。


化粧水が浸透しない原因」で説明したように、肌の表面には角質層と呼ばれる薄膜があり、この角質層が外側からの異物の侵入を防ぐバリアとして、さらに内側の水分を逃がさないようにするためのフタとして働いてくれています。


でも、加齢などの影響で角質層の機能が低下すると、肌の内側の水分が逃げやすくなって常に顔がカサカサしたりゴワゴワしたり、さらには刺激に対してデリケートな肌になり、炎症や湿疹などのトラブルも多くなってしまうのです。


 関連記事:ゴワゴワ肌の原因と改善に必要な洗顔方法や化粧水について


潤いが蒸発しやすい肌を作ってしまう習慣に注意

警告

角質層の機能が低下することでカサカサしやすくなると言いましたが、加齢以外にも無意識にやってしまっている習慣が乾燥しやすい皮膚の状態を作り出してしまっているのです。


具体的にどのような習慣がよくないかというと


  • 紫外線対策不足
  • 生活習慣の乱れ
  • クレンジングや洗顔のやりすぎ

それぞれについて簡単に説明しましょう。


紫外線対策不足

日焼け

これは最近ではほとんどの女性が意識していると思うのですが、まれに「日焼け止めは塗ってるけど、塗り直しが面倒でやってない」という方もいるのではないでしょうか?


日焼けをすると皮がむけることからもわかるのですが、紫外線はターンオーバーを乱れさせる(極端に早める)ため、うるおいを守る角質層の機能が不十分な状態になってしまうのです。


そのため、夏場なのにカサカサして粉吹きを起こしたりしてしまうのです。


生活習慣の乱れ

寝不足

生活習慣が乱れて睡眠不足になると、肌は乾燥しやすくなります。


ぐっすりと眠って起きた朝はお肌の調子がいいと感じるように、肌は主に寝ている間にターンオーバーを行うため、睡眠が不足したり生活リズムがバラバラで睡眠の質が落ちると古くなった角質が残りやすくなってしまうのです。


その結果、カサカサや粉吹きが目立つようになってしまうのです。


お肌の曲がり角と言われる年齢の女性はほとんどの方が仕事や育児をする上で中心的な存在になっているため、どうしても忙しくて睡眠時間を確保できずに寝不足がちになるので、お肌のうるおいも減少しやすくなってしまうのです。


クレンジングや洗顔のやりすぎ

洗いすぎ

メイクを落としたり顔を洗ったりする方法って、結構独自のやり方をしていますよね。


だから、洗顔をちゃんとやっているつもりでも意外と乾燥しやすい方法を実践してしまっていることが多いのです。


例えば、肌にコンプレックスがあるからメイクでしっかりと隠している場合、メイクをちゃんと落とすためにオイルクレンジングを使ったりする方も多いのですが、オイルクレンジングはメイクを簡単に落とす強い洗浄力があるため当然カサカサ肌を悪化させやすくなります。


また、顔を洗う時に手のひらを顔に接触させてゴシゴシと摩擦をしたり、お風呂で顔を洗う時に体や頭にかけるお湯と同じくらい熱い温度で泡を流していたりしていたりすると、本来必要な皮脂などの油分を過剰に取り除いてしまうのです。


このように、意外と当たり前にやっていことが顔のカサカサを改善しにくくしていることがあるので注意が必要です。


痒いからといって掻くとカサカサは悪化する

かゆい

また、顔がカサカサしている方が同時に感じる症状として多いのが、「顔がかゆい」というものです。


特に気温が下がってきて寒さを感じるような季節の変わり目の時期になるとかゆくなってきますよね。


先ほど肌の表面にある角質層には水分を保持するフタとしての働きと、外部からの異物の侵入を防ぐバリアとしての働きがあることを簡単に説明しました。


そこからもわかるように、水分が少なく乾燥した肌というのは角質層の機能が低下して水分が逃げやすくなるだけでなく、肌を守るバリアとしての機能も低下してしまっているため、今まで何も感じなかった刺激にも敏感にり、かゆみや肌荒れを引き起こしやすくなることが多いのです。


そのため、乾燥肌の方はちょっとした温度や湿度の変化、室内のほこりなどにも刺激を感じてかゆくなったり、ひどくなると今まで使っていた化粧水を塗っただけなのにしみるようになってしてしまうのです。


このように肌が乾燥するとかゆいと感じるのは自然なことではあるのですが、かゆいからといってボリボリ強く掻いていると、その刺激によってさらに角質層がダメージを受けて、どんどんカサカサやかゆみが悪化してしまうため注意が必要です。


適当な化粧水で保湿しているだけでは顔のカサカサは治らない

治らない

顔がカサカサになったりかゆいと感じるようになるのは確かに乾燥肌になってしまっていることが原因なのですが、先ほどから説明しているように根本的な原因は水分が逃げてしまっていることです。


そのため、肌に潤いを与えようとしてただ適当な化粧水や美容液を多めに塗ったところで、一時的には潤うかもしれませんが時間の経過とともにすぐに乾燥肌や痒みのある肌に逆戻りでしょう。


毎晩お風呂上りに入念にケアをしているのに、朝起きると顔が突っ張ってしまって全然潤いが持続しないという方は、今と同じケアをしていてもあまり効果はないでしょう。


でもここまで読んで頂いていれば、顔がカサカサしてしまう原因は水分が逃げてしまうことが原因であることが分かっているわけですから、ただ化粧水を塗るのではなく角質層の機能を改善して水分を逃がさないようにするためのスキンケアをすればいいのです。


顔のカサカサ対策に必要な保湿や洗顔方法

対策

では顔がカサカサして改善しないという方が、水分を逃がさないような健康な肌を取り戻すためにはどのようなことが必要なのでしょうか?


カサカサするのはうるおいが逃げやすくなっていることが問題で、そうなってしまう理由は紫外線や生活習慣の乱れ、そして過剰なスキンケアといったことが原因でした。


でも、最近では女性なら多くの方が紫外線対策をしていますし、仕事や育児に忙しい女性がほとんどなのである程度睡眠不足になってしまうのは仕方のないことなので、スキンケアの改善によって対策をするのが効果を実感しやすいと思います。


そのため、顔のカサカサ対策としては


  • セラミドを供給してあげる
  • クレンジングや洗顔を見直す

という2点をしっかりと日々のケアに取り入れてみましょう。


セラミドを供給する

化粧水

肌のうるおいを保ち、刺激に強い正常な肌を作るうえで重要なことは、不足したセラミドを供給してあげることなんです。


 関連記事:保湿成分が浸透しないと感じる肌に必要な対策


角質層は皮膚の細胞がブロックのように並べてあるものなのですが、どうしても細胞同士に隙間ができてしまうため、その隙間をセラミドという成分によってフタをして潤いを保持しているのです。


このセラミドが加齢や不規則な習慣などによって少なくなってくると、潤いを保持しにくく刺激に弱い肌ができ、結果的に顔が乾燥しやすくなったりかゆくなったりするのです。


だから、顔がカサカサしていてかゆいような場合には、ただ何となくいつも使っている化粧水をたっぷり塗るのではなく、セラミドを配合したコスメを日々のスキンケアに取り入れてみることを検討してみて下さい。


人気のセラミド化粧品をお得に試す


クレンジングや洗顔を見直す

クレンジング

基本的に潤いが逃げやすい肌にはセラミドがいいのですが、いくら保湿をしっかりしても改善しない場合には、その前のクレンジングや洗顔を見直してみる必要があります。


過剰な洗浄が原因でセラミドが流出していたら、いくら保湿をしても効果が薄れてしまいますよね。


そこで、メイクや皮脂汚れはしっかりと落とせるけど、洗浄力の強すぎないもので洗うことが大切です。


基本的にメイク落としと洗顔は別々に行う方がしっかりと汚れを落とせるので、クレンジング剤と洗顔料の両方を見直すのが理想ですが、カサカサがひどい場合には、メイク落としと洗顔を一緒にできて肌への負担が少ないダブル洗顔不要のクレンジングを使用してみるのもおすすめです。


人気のW洗顔不要クレンジングジェルが1本無料


ただ、ダブル洗顔不要のクレンジングはそれほど洗浄力が強くないので、メイクも厚塗りしすぎないようにすることも併せて実施することを忘れないようにしましょう。


保湿をしてもうるおいを感じないという方へ
化粧水が浸透しないのはなぜ?原因を知って正しい対策をしよう